はじめまして
生命の不思議
受精から着床までの物語
おなかの赤ちゃんを守る3つの脇役
ストレスをためないで
おっぱいのお話し
流産をしないために
流産をしないためのちょっとしたアドバイス
妊娠中の注意点
妊娠中は基礎代謝がよくなります
妊娠中にストッキングって危険みたいです
妊娠中の食事って大事ですね
里帰り出産するときの注意点
持病のある人の妊娠
ちょこっとメモ
だれもが知っているタバコの害妊娠すると心と体が不安定になります
たくさんの情報に流されないで
何処でどんなお産を希望しますか?
マタニティライフをいきいき過ごすために
日常生活の注意
スケジュール表を作るといいですね
定期健診はきちんと受けましょう
定期健診の内容
休憩はたっぷり取りましょう
適度な運動も大切です!
家事の手抜きも必要です【掃除】
家事の手抜き【洗濯・掃除】
家事の手抜きも必要です【買い物・その他】
妊娠初期と後期の外出は控えめに
旅行は妊娠中期に行くようにしましょう
夏の暑さ・冬の寒さを上手に乗り切ろう
妊娠中のペットの飼育
妊娠中の入浴について
妊娠生活をシュミレーション
3カ月 [8週~11週]
4ヶ月 [12週~15週]
5ヶ月 [16週~19週]
6ヶ月 [20週~23週]
7ヶ月 [24週~27週]
8ヶ月 [28週~31週]
9ヶ月 [32週~35週]
10ヶ月 [36週~40週]
妊娠中の体の変化
妊娠1ヶ月【0~3週間】
妊娠2ヶ月【4~7週間】
妊娠3ヶ月【8~11週間】
妊娠4ヶ月【12~15週間】
妊娠5ヶ月【16~19週間】
妊娠6ヶ月【20~23週間】
妊娠7ヶ月【24~27週間】
妊娠8ヶ月【28~31週間】
妊娠9ヶ月【32~35週間】
妊娠10ヶ月【36~40週間】
パパとママへ
胎教について考えたことがありますか?
出産おめでとうございます!
パパもしっかり育児に参加してください!
赤ちゃんの成長




プレママの必需品
0ヵ月~4ヵ月
マタニティショーツ
マタニティブラジャー
妊婦帯(妊婦帯、産前ガードル、腹帯)
マタニティインナー
母子手帳ケース
足のむくみ対策
妊娠線の予防対策
5ヵ月~8ヵ月
ナイティ
マタニティウェア
胎教グッズ
ボディピロー(抱き枕)
8ヵ月~10ヵ月
産褥(じょく)ショーツ
すそよけ(悪露汚れ防止)
T字帯
母乳パット
産後 リフォーム用サポーター
ボディピロー(抱き枕)
サプリメント
足のむくみ対策
出産~産後2ヵ月
・産後 ウエストニッパー
・産後 ガードル
・円座クッション
・授乳兼用ブラジャー
・授乳服
 

サイトマップラス Powered by SEO対策

キーワードアドバイスツールプラス
Powered by SEO対策
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★妊娠9ヶ月【32~35週間】★
◆お母さんの体は? 【子宮底長27~30センチ】
*動悸息切れがする
子宮の高さが最高になるので心臓や肺への
圧迫が一層強くなります。
動悸息切れが起こりやすくなるので注意しましょう
*尿の回数が増える
膀胱が圧迫され、頻繁にトイレに行きたくなります。
残尿感も感じることがあります
*疲れやすくなる
大きくなった子宮の重量が、腰や背中、太ももなどにかかってくるので、
どうしても疲れやすくなります。

◆赤ちゃんの様子【身長45センチ 体重2000グラム】
*頭位二落ち着く
頭が重いので自然に頭を下にするようになり、ほぼこの姿勢に
落ち着きます
全身に皮下脂肪が付いて丸みをおび、皮膚は肌色になって性器もほとんど完成します。
*尿を排出します
胃や腎臓の働きが活発になるので、少量ながら消化液を分泌します。
尿も羊水の中に排泄するようになります
*肺の機能が整う
肺もだいぶ活発に活動するようになり呼吸する力が備わってくる。

★こんなときは病院連絡を★
妊娠中は体に色々と変調が現れます。
たいていの場合は心配ないのですが、中には異常のサインもありますので
自分で判断する事無く、メモを取って必ず医師に相談しましょう。
急に動かなくなった。出血があったなどは注意が必要です。

★食事の回数を増やして少量ずつ取りましょう
子宮低が高くなって胃を圧迫するため妊娠後期になると食事の量が減ってしまいます。
無理して1度に食べようと思わず何回にも分けて食べてみましょう。
必要な栄養はとらなければいけません。

★里帰り出産の人は早めに帰りましょう
里帰りを決めている人は出来るだけ余裕を持って帰るようにしましょう。
変える直前には検診を受けて異常がないかチェックを受けてください。
妊娠の経過や検査結果を書いた紹介状をもらってください。
母子手帳や保険証と一緒に忘れず持ち帰りましょう。
遅くとも9ヶ月のうちに里帰りしてくださいね。

スポンサーサイト
★妊娠10ヶ月【36~39週間】★
◆お母さんの体は? 【子宮底長30~33センチ】
*子宮の位置が下がってくる
対図の頭が骨盤内に入り込むので子宮の位置が行くらか低くなり、
いや胸のつかえが取れます。
その反面膀胱は圧迫されて頻尿になります
*産道が柔らかになる
ホルモンの影響で、子宮口や、膣などの産道が柔らかになってきます。
おりものも増えてくるでしょう。
*不規則にお腹が張る
前駆陣痛といって毎日のように強弱の針を感じます。
出産が近づいていますよと言うサインだと思ってください。

◆赤ちゃんの様子【身長50センチ 体重3000グラム】
*外形は四頭身に
体は四頭身ぐらいになります。
皮膚は淡い紅色で産毛はほとんどなくなります。
皮下脂肪が付いて丸々と太った赤ちゃんになります。
位置が固定してあまり動かなくなります。
胎動がないといって気にしないでください。
*臓器が完成する
呼吸器、消化器、泌尿器などの各臓器はすべて完成し、
外界の生活に適応する能力が付いてきます。
*抵抗力が付きます。
母体が持っている病気に対する免疫が、胎盤を通じて胎児に移行しますので、
抵抗力が付いてきます。

★お産はこんなサインで始まります★
予定日が近づくにつれて落ち着かなくなりますよね。
でも今一番必要なのは心の余裕です。
予定日の前3週間から後2週間までの出産は、医学上では正期産です。
サインがあったらいよいよだなと落ち着いて受け止めてください。
サインとしてはおしるしや、破水があったらすぐに病院へ電話しましょう。

★一人きりの遠出は避けましょう。
10ヶ月に入ったら、いつ何処でお産が始まるか分かりません。
一人で遠くに出かけるのは避けましょう。
外出は近所へのお買い物程度にしましょう。
どうしても遠出しないといけないときは誰かに付き添ってもらいましょう。

★この時期のセックスは厳禁
腹部を圧迫しないように気をつけても、セックスによる刺激で、
陣痛が始まってしまったり、破水してしまったりすることがあります。
赤ちゃんが無事生まれるまではセックスは当分ストップしましょう。

★ポイント★
睡眠は充分にとって体力をつけておきましょう。
入院の手順を確認して、必要なものは揃えておきましょう。
一人の外出は注意しましょう。
★妊娠8ヶ月【28~31週間】★
◆お母さんの体は? 【子宮底長24~27センチ】
*内臓が押し上げられてくる
子宮がみぞおちの近くまで押し上げられてきますので内臓も上がってきます。
そのため食事が使える感じがしたり、息切れがしやすくなったりする場合もあります。
*妊娠線が出来てくる
お腹が大きくなるので皮膚が引っ張られ腹部や乳房に薄赤いかき傷のような線が出始めます。
*お腹が張るようになる
このころから、子宮が収縮するため、お腹が張ったり、硬くなったりすることがあります。すぐに治るんであまり心配はいらないでしょう。
はったときは一休みしてくださいね。

◆赤ちゃんの様子【身長40センチ 体重1500グラム】
*力強く動くようになる
骨格はほぼ完成し、筋肉がますます発達してきますので動きが活発になります。
力強くお腹を蹴ったりもします。
*音に反応します
聴覚がほぼ完成するので、外からの大きな音に反応して手足を動かしたり、
体を緊張させたりします。
*赤ちゃんらしくなる
皮下脂肪が付いてくるのでだんだん赤ちゃんらしくなってきます。
全体に丸みを帯びてきて、このころから頭を下にする姿勢になってきます。

★妊娠中毒症にならないために★
この時期一番注意しなければいけないのが妊娠中毒症。
高血圧、タンパク尿、むくみをしっかりとチェックして予防と早期発見を心がけましょう。
★妊娠後期の過ごし方
後期は出産を目前に控え、安産できるだろうか、赤ちゃんは五体満足だろうかと、
色々と心配がつのる時期。
あまり気にする事無く、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。
妊娠中毒症になりやすいので食事の内容に充分注意しましょう。

*そろそろ入院の準備をして一つにまとめておきましょう

♪ポイント♪
*便秘になりやすいので食事の内容に注意しましょう。
*重心が不安定で足元も見えないので転ばないように気をつけましょう。
ヒールは禁物です
*貧血の人が増えてきます。貧血といわれたらきちんと治療を受け、
食事にも気を配りましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。