はじめまして
生命の不思議
受精から着床までの物語
おなかの赤ちゃんを守る3つの脇役
ストレスをためないで
おっぱいのお話し
流産をしないために
流産をしないためのちょっとしたアドバイス
妊娠中の注意点
妊娠中は基礎代謝がよくなります
妊娠中にストッキングって危険みたいです
妊娠中の食事って大事ですね
里帰り出産するときの注意点
持病のある人の妊娠
ちょこっとメモ
だれもが知っているタバコの害妊娠すると心と体が不安定になります
たくさんの情報に流されないで
何処でどんなお産を希望しますか?
マタニティライフをいきいき過ごすために
日常生活の注意
スケジュール表を作るといいですね
定期健診はきちんと受けましょう
定期健診の内容
休憩はたっぷり取りましょう
適度な運動も大切です!
家事の手抜きも必要です【掃除】
家事の手抜き【洗濯・掃除】
家事の手抜きも必要です【買い物・その他】
妊娠初期と後期の外出は控えめに
旅行は妊娠中期に行くようにしましょう
夏の暑さ・冬の寒さを上手に乗り切ろう
妊娠中のペットの飼育
妊娠中の入浴について
妊娠生活をシュミレーション
3カ月 [8週~11週]
4ヶ月 [12週~15週]
5ヶ月 [16週~19週]
6ヶ月 [20週~23週]
7ヶ月 [24週~27週]
8ヶ月 [28週~31週]
9ヶ月 [32週~35週]
10ヶ月 [36週~40週]
妊娠中の体の変化
妊娠1ヶ月【0~3週間】
妊娠2ヶ月【4~7週間】
妊娠3ヶ月【8~11週間】
妊娠4ヶ月【12~15週間】
妊娠5ヶ月【16~19週間】
妊娠6ヶ月【20~23週間】
妊娠7ヶ月【24~27週間】
妊娠8ヶ月【28~31週間】
妊娠9ヶ月【32~35週間】
妊娠10ヶ月【36~40週間】
パパとママへ
胎教について考えたことがありますか?
出産おめでとうございます!
パパもしっかり育児に参加してください!
赤ちゃんの成長




プレママの必需品
0ヵ月~4ヵ月
マタニティショーツ
マタニティブラジャー
妊婦帯(妊婦帯、産前ガードル、腹帯)
マタニティインナー
母子手帳ケース
足のむくみ対策
妊娠線の予防対策
5ヵ月~8ヵ月
ナイティ
マタニティウェア
胎教グッズ
ボディピロー(抱き枕)
8ヵ月~10ヵ月
産褥(じょく)ショーツ
すそよけ(悪露汚れ防止)
T字帯
母乳パット
産後 リフォーム用サポーター
ボディピロー(抱き枕)
サプリメント
足のむくみ対策
出産~産後2ヵ月
・産後 ウエストニッパー
・産後 ガードル
・円座クッション
・授乳兼用ブラジャー
・授乳服
 

サイトマップラス Powered by SEO対策

キーワードアドバイスツールプラス
Powered by SEO対策
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胎教について考えたことがありますか?
私はこの前胎教の本を読む機会がありました。
東洋医学ではだいぶ昔から胎教の大切さを言っていたようですが、
西洋医学では胎教など考えられたことさえなかったようです。
でも今現在胎教は大切だと言われるようになって来ました。

妊娠3ヶ月の胎児はお母さんの感情をすべて受け取っているそうです。
ママが悲しいと思ったり、つらいと思ったり、
いらいらしたり、怒ったり。
生活していればママにだっていろんな感情が生まれるでしょう。
でもそのすべてをまだ胎児であるわが子に伝わるとしたら、
なるべくなら明るく楽しく生活していたい。
そうは思いませんか?

子どもの一生は胎教で決まるそんなことも書いてあったのです。
そのすべてを信じようとは思いません。
でももし少しでも胎教が子どもの一生にかかわってくるのなら、
少しでもいい人生を歩んでもらうため、
胎教にいいといわれることはやってみたいと思いませんか?
私は思いました。

今私のおなかの中に赤ちゃんは居ません。
欲しいと思っていますが、今は居ません。
もしもっと早くおなかの中に子どもが居るうちに分かったら、
胎教を意識したでしょう。

意識するからと言って胎教にいいものをすべてやろうとは思いません。
でもいつも明るく居ること。
楽しい気持ちで居ること。
美味しいものを食べること。
常に幸せを感じること。
そんなことは誰にでも出来ますよね。
ちょっとしたことで出来ることだと思います。
いつも悲しい顔をしていたら暗い性格の子が生まれたなんて、
もしそうなったら嫌ですよね。
生きていればいろんなことがあるけど、
考え方ひとつでどんな風にも思いは変わります。
ストレスをためず、
楽しい生活を送れるようにしてみませんか?

スポンサーサイト
パパもしっかり育児に参加してください!

●パパは突然パパになる...
ママは妊娠すると少しずつ自分の中で育っていく命を感じ自分がママであると目覚めて行きます。
でもパパはどうでしょう。
あまり変化も感じることなく、突然パパになってしまうような感じしませんか?実感がなかなかわかないのも当然ですよね。

最近は母親学級だけではなく、父親学級もあったありするようです。
また、立会い出産を希望するパパも多いですね。
立会い出産をするときは、母親学級に参加しないと無理のようです。
立会い出産は、精神的にママを支え、パパとしての自覚もわいてくるでしょうから、
立ち会える余裕があるならぜひ立会い出産をして欲しいものです。

●実は育児って楽しい!
育児って楽しいものなんです。勿論大変なときもあるけど、
考え方をちょっと変えたりすると育児って楽しいって思えるはずです。
一緒にお風呂に入ったり、お散歩したり、ビデオに成長記録を残したり。
自分の分身が育っていく姿を見るってすごいと思いませんか?
それをママだけに任せてしまうのはもったいない。
だんだん大きくなって赤ちゃんがわんぱくになってくればそれこそパパの出番です。ちょっとぐらい乱暴な遊びでもパパが居れば大丈夫です。
父親の存在が一番大切な思春期に小さいころからのパパの存在がとても大きなかかわりを持ってくるはずです。
良い関係を小さいうちから築いていきましょう。

●ママへもいたわりの言葉を!
パパの大切な役目は、ママと赤ちゃんをたくさんの愛情で包んであげること。
ママは産後、精神的に不安定になったり、体調が優れなかったり、
慣れない育児で疲れています。
そんなときは優しい言葉をかけてあげてください。パパの一言でママはとっても救われるはずです。
そして良い親子関係、良い夫婦関係が出来てくるはずです。
パパがんばって!
出産おめでとうございます!

●最初は誰も1年生
初めて赤ちゃんを迎える。
とっても嬉しいことだけど不安も一杯ですよね。
私もそうでした。
でも安心してください。
意外と子育て簡単です。
ママとして赤ちゃんを可愛いと思う気持ちがあれば、
ちゃんと赤ちゃんはママの気持ちにこたえて元気に育ってくれますよ。

赤ちゃんにはいつも話しかけてあげてください。
ママの笑顔が、ママの嬉しそうな声が赤ちゃんの心の栄養です。
ママの愛情が赤ちゃんの心を育てます。

●いらいらしたって当たり前。
何も難しく考えることはありません。
子育てをしていれば、時にはこんな子可愛くないなんて思うこともあります。
けしてあなただけがそう思うわけではなく、
誰にだってあること。
夜鳴きされてママが泣きたくなる事だってあるでしょう。
いらいらしたからってけして自分を責めないで。
毎日生活していればいつも笑顔でなんて無理なんだから。
怒ったり、笑ったり、泣いたり。
それが人間らしく生きるってこと。
赤ちゃんを育てるって自分を育てていくことにもつながってます。
ママもだんだんと人として成長していくはず。
あせらずゆっくりと少しずつ成長していってくださいね。

≪この次はパパへのメッセージを書きたいと思ってます≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。