はじめまして
生命の不思議
受精から着床までの物語
おなかの赤ちゃんを守る3つの脇役
ストレスをためないで
おっぱいのお話し
流産をしないために
流産をしないためのちょっとしたアドバイス
妊娠中の注意点
妊娠中は基礎代謝がよくなります
妊娠中にストッキングって危険みたいです
妊娠中の食事って大事ですね
里帰り出産するときの注意点
持病のある人の妊娠
ちょこっとメモ
だれもが知っているタバコの害妊娠すると心と体が不安定になります
たくさんの情報に流されないで
何処でどんなお産を希望しますか?
マタニティライフをいきいき過ごすために
日常生活の注意
スケジュール表を作るといいですね
定期健診はきちんと受けましょう
定期健診の内容
休憩はたっぷり取りましょう
適度な運動も大切です!
家事の手抜きも必要です【掃除】
家事の手抜き【洗濯・掃除】
家事の手抜きも必要です【買い物・その他】
妊娠初期と後期の外出は控えめに
旅行は妊娠中期に行くようにしましょう
夏の暑さ・冬の寒さを上手に乗り切ろう
妊娠中のペットの飼育
妊娠中の入浴について
妊娠生活をシュミレーション
3カ月 [8週~11週]
4ヶ月 [12週~15週]
5ヶ月 [16週~19週]
6ヶ月 [20週~23週]
7ヶ月 [24週~27週]
8ヶ月 [28週~31週]
9ヶ月 [32週~35週]
10ヶ月 [36週~40週]
妊娠中の体の変化
妊娠1ヶ月【0~3週間】
妊娠2ヶ月【4~7週間】
妊娠3ヶ月【8~11週間】
妊娠4ヶ月【12~15週間】
妊娠5ヶ月【16~19週間】
妊娠6ヶ月【20~23週間】
妊娠7ヶ月【24~27週間】
妊娠8ヶ月【28~31週間】
妊娠9ヶ月【32~35週間】
妊娠10ヶ月【36~40週間】
パパとママへ
胎教について考えたことがありますか?
出産おめでとうございます!
パパもしっかり育児に参加してください!
赤ちゃんの成長




プレママの必需品
0ヵ月~4ヵ月
マタニティショーツ
マタニティブラジャー
妊婦帯(妊婦帯、産前ガードル、腹帯)
マタニティインナー
母子手帳ケース
足のむくみ対策
妊娠線の予防対策
5ヵ月~8ヵ月
ナイティ
マタニティウェア
胎教グッズ
ボディピロー(抱き枕)
8ヵ月~10ヵ月
産褥(じょく)ショーツ
すそよけ(悪露汚れ防止)
T字帯
母乳パット
産後 リフォーム用サポーター
ボディピロー(抱き枕)
サプリメント
足のむくみ対策
出産~産後2ヵ月
・産後 ウエストニッパー
・産後 ガードル
・円座クッション
・授乳兼用ブラジャー
・授乳服
 

サイトマップラス Powered by SEO対策

キーワードアドバイスツールプラス
Powered by SEO対策
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心臓病のある人は
妊娠すると子宮に大量の血液を供給しなければならないので、
心臓に負担がかかります。
心臓病のある人はなおさらで、妊娠・出産によって持病が悪化することも考えなくてはいけません。
しかし心臓病といっても軽症から重症まで色々ありますよね。
症状が軽ければ、自然分娩で無事に赤ちゃんを産むケースも少なくありません。
まず病気の程度が妊娠・出産に耐えられるかどうかを先生に相談してみることが大切です。

腎臓病のある人は
慢性肝炎だと、妊娠によって症状が悪化することが多く、早いうちから妊娠中毒症が起こりやすくなります。
そのため、胎児の発育が悪くなりがちです。
妊娠を希望する場合は医師の許可を得てから計画的に妊娠し、
厳重な管理のもとで、塩分を制限する、安静にするなどの注意を守りながら、妊娠を継続させていきましょう。

高血圧の人は
妊娠すると血圧が上がるため、日ごろから血圧の高い人は妊娠中毒症を起こしやすいので充分注意が必要です。
重症な高血圧だと、母子ともに危険にさらされる場合がありますが、
軽症なら厳重な塩分制限と安静で、自然妊娠が可能です。
大切なのは血圧を今以上上げないことです。
自分で血圧を測定するなどして毎日チェックしましょう。

糖尿病のある人の妊娠
糖尿病があると、妊娠中毒症や、羊水過多症を合併しやすく、
赤ちゃんも巨大時で生まれたり、死産したりなどのトラブルが多くなります。
妊娠中は内科医と産婦人科医の共同管理で厳重な食事療法を行うようになります。
必要なときはインスリン注射で血糖値をコントロールしながら。症状が悪化しないように充分注意します。

子宮筋腫のある人は
子宮筋腫は、子宮の筋層に出来る良性の腫瘍で、
その位置や大きさによっては、流産や早産の原因となることもあります。
また胎盤や胎児の位置異常などを引き起こすこともあります。
しかし妊娠中に手術することはかえって流産や、早産の可能性を高めるため、筋腫が多少大きくても基本的に手術は行いません。
超音波で様子を見ながら妊娠を継続させていきます。
産後の症状によっては手術を行うことがあります。

B型肝炎の人は
B型肝炎だと、健康な人以上に肝機能への負担が大きくなります。
流産や早産、妊娠中毒症を起こしやすくなります。
病気の程度が軽ければ、医師の指導のもと食事療法や安静を厳重に守ることで、
妊娠・出産は可能です。
ただし問題なのは分娩時に出血したお母さんの血液に触れることで、
赤ちゃんの多くが感染してしまうことです。そのためほとんどの病院では、
妊娠初期にB型肝炎の血液検査を行っています。
キャリアの赤ちゃんには、出産後すぐにワクチンを投与して感染を防ぐ処置をします。

クラミジアに感染している人は
クラミジアは性感染症の一つで、セックスで感染します。
女性はほとんど症状が出ないため、感染に気づかないまま、出産に至ると、
赤ちゃんが産道通過の菜に感染してしまい、
新生児結膜炎や、肺炎を起こすことがあります。
最近では、流産や、早産の原因の一つも考えられるため、妊娠初期に検査をする病院が増えています。

性器ヘルペスに感染している人は
これも性感染症の一つで、感染すると発熱、外陰部や膣に強烈な痛みがでて、水泡が出来ます。
冤罪は特効薬によって3日~4日で治りますが、
分娩までに完治しないと、産道を赤ちゃんが通過する際に感染して、
死亡率80%以上の新生児ヘルペスにかかってしまいます。
そのため分娩直前に感染してしまった場合は経膣分娩を避け、帝王切開にします。

梅毒にかかっている人は
梅毒の病原体が胎盤を通して胎児に感染すると、流産や早産になるか、
生まれても先天性梅毒児となってしまいます。
しかし胎盤が完成する16週ごろまでに完全に治し、その後も適切な治療を続けていれば、胎児への感染は防げます。
スポンサーサイト
★里帰り出産をするときの注意点は?★
◆病院とのコミュニケーションが大切です。
今は親と同居で住むと言うことが少ないから、出産は実家で里帰り出産
と言う人も多いでしょう。
何といっても母親の近くで出産できるのは心強いですよね。
精神的にはとてもリラックスできるので産後も十分に休養できるでしょう。

でもちょっと考えてください。途中で病院を代える事になりはしませんか?
変えないならいいけど変えないといけない場合はどうでしょう。
初診からの詳細な経過が分からないため、
健康管理がしにくいと言ったマイナス面も出てくるはずです。
この問題を少しでも解消するためには、これまでの経過など、
特に注意しなければいけない点などを記入した紹介状を、
書いてもらうのが一番です。
そのためには病院とのコミュニケーションが大切。
里帰り出産での大きなポイントになります。
▼妊娠中毒症について▼

妊娠中毒症とは、妊娠後期に高血圧、タンパク尿、むくみの3つ、
またはいずれかの症状が現れることをいいます。
原因ははっきりわかりませんが、
母体が妊娠による変化に適応できずに起こる一種の中毒症状と考えられています。

妊娠中毒症になると、血管が収縮して血液循環が悪くなり、
赤ちゃんの発育に悪影響を与えたり、
早産や未熟児産、死産が起こる可能性が高くなります。
重症になると、母体が子癇(けいれん発作)を起こすこともあり、
母子ともに大変危険です。妊娠中毒症の症状が現れたら、
症状が進行しないよう注意してください。

● むくみ
むくみは妊娠後期に多くの人が経験します。
睡眠や安静によって回復するものなら心配ありませんが、
休息しても治らない、すねを押すとへこみがもとに戻らない、
1日中まぶたが腫れているといった状態は、妊娠中毒症のむくみ。
体重が1週間に500g以上増加した場合も要注意です。
むくみは妊娠中毒症の初期症状で、唯一自覚できる症状ですから、
日頃からよくチェックするようにしましょう。
● 高血圧
最高血圧が140ミリHg、最低血圧が90ミリHg以上あるのが高血圧。
赤ちゃんに十分な酸素や栄養が届かなくなるなど、
妊娠中毒症の中でも最も危険な状態を招きます。
● タンパク尿
妊娠中毒症が進むと、タンパク尿が出るようになります。
中毒症により腎臓の機能が低下して、
尿の中にタンパクが漏れ出すのが原因。
体からたんぱく質が失われることになり、
赤ちゃんの発育に影響するほか、産後に肝・腎機能障害を起こすこともあります。

▼妊娠中毒症を防ぐには▼
日常生活でできる妊娠中毒症の予防・治療方法には、
いくつかのポイントがあります。
まず高血圧やむくみの要因となる塩分の摂取量を控えること。
調理法を工夫するなどして、1日7g以下に抑えましょう。
赤ちゃんの発育に欠かせないたんぱく質を多めにとることも大切です。
タンパク尿が出ている場合などは特に気をつけて。
卵、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、脂肪分の少ない肉などを
積極的にメニューにとりいれましょう。

また肥満は高血圧につながりますから、
体重が増え過ぎないよう、低カロリーの食事を心がけましょう。
1日の摂取カロリーは1800キロカロリー以下がめやす。
たんぱく質をしっかりとる分、間食をやめる、脂っこい料理は控えるといった工夫をしてください。

食事の内容に気をつけるとともに、心身の休養も大切です。
ストレスは血圧を上昇させるもとに。安静にしていると血圧も下がり、
赤ちゃんの発育に良い影響を与えます。

●こんな人は特に気をつけましょう
次にあてはまる人は妊娠中毒症にかかりやすいタイプです。
日頃から十分に注意しましょう。
・ 高血圧、糖尿病、腎臓病の持病、病歴がある人、
または家族にこれらの病気がある人
・ 35歳以上の高年出産、15歳以下の若年出産の人
・ 初産の人や、前回の妊娠で妊娠中毒症になった人
・ 太りすぎの人
・ 睡眠不足やストレスがたまっている人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。